« 慶珍楼 | トップページ | 東方明珠 »

2011年2月 1日 (火)

中国料理 星ヶ岡 (ホシガオカ)

どなたかのブログで 高級系の中華の食べ放題の記事を見て
すごい 気になってしまいました。

あまり 食べ放題には興味のない私ですが
フカヒレ、鮑、北京ダック、和牛、車海老などなどが
10000円くらいで食べ放題、と言われれば ついつい乗ってしまう…

という訳で予約して行きました。
この食べ放題プランは 土日祝日限定で
きっちり2回転するらしく
17時~、19時半~ のどちらかになります。

お店は ホテルの中にあり
なかなか高級感がありますねー

窓際の席に案内して頂きました。

ドリンクは さすがに高く
生ビールで 1155円…

素敵な 背の高いグラスで来ました。

紹興酒は グラスで 1500円!
恐くて 紹興酒は飲めませんでした。

普通のメニューブックが渡され
値段が入っているのですが
恐ろしく高く これが食べ放題で 11000円で良いのか…と驚きます。

まずは 前菜の盛り合わせが運ばれます。

鮑の冷菜、蒸し鶏、大根の漬物などの盛合せです。

でも 一気に食べまくりです!
メニュー順で ご紹介します。
まずは やはりの フカヒレから…

フカヒレ姿煮 8085円。

小ぶりの可愛いサイズです。
質は 最初から期待していなかったのですが
スープの匂いが ちょっと変わっています。

食べる前から その独特の匂いがするのですが
その匂いとは… そう、ラーメンのスープの匂い!?
スープに使っているであろう固形スープの匂いなのか
最初に口に入れた時も強く感じるのですが
だんだん食べ進むうちに 気にはならなくなります。

これが 普通に頼んで 8000円だったら 倒れるな…と。

蟹の卵入りフカヒレスープ 5197円
黄色い美味しそうなスープですが
なんか スープの旨味が薄く なんか物足りない味です。

特製つばめの巣スープ 3465円
普段 なんか惹かれない高級食材で
食べたことなかった つばめの巣ですが
「どこ?どこ?」と探してしまうほど 入ってなかったです。
スープの味自体も薄く…

これが 一番 ガッカリだったかも…

鮑のオイスターソース煮 5775円
薄く切られた鮑に レタス。
あまりにも想像と違ったものが出てきました。
味付けも なんの工夫もないような味です。

これで このコースの実態が分かってきたような気がしました。

大好きな 海老!

車海老のチリソース 10395円。

車海老の黒豆ソース炒め 10395円。

海老は 1人2個ずつです。
まさか 普通のポーションではないとは思いますが
この味、この質では 10000円払う気にはなれない…
ただ 値段を知らなければ 悪くないな、という感じの味付けです。
黒豆の方は ちょいイマイチでしたが…

車海老とグリーンアスパラの塩炒め 5197円。
これは くるん、と丸まった海老で 
味付けも 悪くはなかったです。

肉シリーズです。

黒毛和牛のオイスターソース炒め 3811円。
黒毛和牛らしからぬ 硬い パサパサ気味の牛肉です。

黒毛和牛味噌炒めクレープ巻き 4620円。

豚肉のクレープ巻きは 異常に味噌ソースが多く
口の中が 一気にしょっぱくなります。

北京ダックは 巻いてくれたのですが 具の少ない スカスカ状態。

黒豚の酢豚
お肉は 1人2個で お肉よりも 玉葱が いっぱいです。

八宝菜
野菜中心のメニューだからか 量が増えてきましたが
かなり 濃い味付けです。

焼き餃子。



皮がとにかくモチモチと厚く
皮だけでお腹いっぱいになりそうです。

〆の麺は

五目汁そば(ハーフ)

坦々麺(ハーフ)

これまでの流れからすると
スープの器くらいかと思っていたのですが
これが 想像以上に多くて 食べれませんでした。
坦々麺のスープが なかなか美味しかったらしいです。

杏仁豆腐
アーモンドエッセンスの香料だけが強い感じでしょうか…

どれも パッとした味付けではなく
素材自体の良さも感じず 美味しいもの食べたなぁ、という満足感がありませんでした。
品数的には 結構食べましたが
どれも チョコチョコなので 量を食べていなくても
途中から お腹いっぱいになってきます。

だったら お気に入りの中華で
フカヒレ姿煮1枚と 何か1品食べて
10000円の方が良かったなぁ、と つくづく思いました。

表記の値段の 本来の量と 
出てきたポーションは 多分違いがあると思います。
いろいろ食べれるよう 人数に合わせて量を調整してあるのだと。
この配慮は嬉しいですね。
ただ 値段を見てしまうので
つい その金額で 料理を想像してしまうので
ちょっと ギャップが出てしまいます。。。

ただ あくまでも 食べ放題のコースですし
きっと アラカルトだと 全然違うのかもしれませんねー

●中国料理 星ヶ岡 (ホシガオカ)● 食べログ

|

« 慶珍楼 | トップページ | 東方明珠 »

j:赤坂、青山 【65】」カテゴリの記事

●中華 【363】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1007226/38590292

この記事へのトラックバック一覧です: 中国料理 星ヶ岡 (ホシガオカ):

« 慶珍楼 | トップページ | 東方明珠 »