« 天津飯店(銀座) | トップページ | 本陣房 本店(新橋) »

2008年4月10日 (木)

ねのひ(有楽町)

有楽町ガード下探検隊♪ ということで、下調べ。 第一希望は 「登運とん」 第二希望は 「ねのひ」 どこも満席で困ったら 「まんぷく食堂」 という作戦です。

さすがー、「登運とん」はびっしり満員です。 ホントにきれいに満席です。 なので「ねのひ」へ。 周りのお店はけっこう空いてました。

やっぱりホッピーを頼んで乾杯です。

お通しのキャベツ。

梅きゅう。 さっぱりしたくて。

レバー カシラ セセリ。

なんこつ(豚)。 来たー♪ これが食べたくて、食べたくて。 この後も追加しましたよぉ。 さっきの3本の上にポンと置かれたのがなんかおかしかったです。

生つくね。 ふっくらで美味しいです。

普通のつくねもありますが、惹かれるのは「生」つくね♪ですね。 なんでか、「生」とつくと美味しそうですもん。 

ここで、料理人の友人と、【生つくねとつくね】の違いについて話しました。 私が思うに、ただの「つくね」は団子状に丸めたものを、蒸すかゆがくか、なんにせよ一回火を入れたものを串に刺して焼いたもの。 一方「生つくね」は、生の状態で焼くもの。かなと。

 以前、料理人時代、つくねを仕込んだ時、あの柔らかいミンチを生の状態で串につけるのは一苦労でした。 そして、ジューシーにするために、鶏皮なども細かく刻んで入れるのですが、そうすると炭の上で脂が落ちファイヤーし、表面は焦げるけど、中まで火が入らないなど、大変でした。 そんな思いもあり、より一層「生つくね」美味しく感じます♪

タン。湯気モクモクでくもりました…

豆鰺の唐揚げ。 しばらくしてから、壁の上のほうにおすすめ黒板を発見! 豆鰺は私も友人も食べたことなくて初体験。 THE つまみ… 美味しいです♪ 酒をくれーと叫びたくなっちゃいます。

かしらとセロリの炒め。 これも素敵な一品です。 

久しぶりの友人とは、飲み屋セレクトの好みも、つまみセレクトもばっちり合うので、楽しいです。 お互い料理人やっていた(友人は今も)なので、いろいろ頼んで勉強にもなりますし。

今日の驚き大賞は…ニンニク串! 

今、中国産が出回ってないせいか、スーパーでも国産ばかり。非常にお高くて、ニンニク娘としてはお財布に厳しいわけですが、その波がこんなところにも… 一本400円! 参りましたぁ… 知らぬ間にセレブ串になってしまったんですねぇ。

それにしても、こういうお店は本当に大好きです♪ 家の隣にあってくれたらなぁ。

------------------------------------

お気に入り度 ♪♪♪♪

ねのひ

食べログ http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13042225/

------------------------------------

|

« 天津飯店(銀座) | トップページ | 本陣房 本店(新橋) »

g:有楽町 、日比谷【13】」カテゴリの記事

●焼鳥、鳥料理、焼きトン 【183】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1007226/20099670

この記事へのトラックバック一覧です: ねのひ(有楽町):

« 天津飯店(銀座) | トップページ | 本陣房 本店(新橋) »